香川県高松市のタチバナ工業株式会社では、一般土木工事、港湾工事、浚渫工事、上下水道工事等をおこなっております。

  • おかげさまで85周年
 
 

新着情報&Topics

新着情報&Topics
1
 
働き方改革-『けんせつ小町』の育成
2020-09-14
『けんせつ小町』は、建設業で働くすべての女性の愛称です。
建設業で女性就業者が増えることは、働き方の多様化につながり、職場環境の改善、長時間労働の是正など「働き方改革」が進むことが期待されます。弊社も積極的にけんせつ小町を応援し、女性にとっても働きやすく、働き続けられる労働環境の整備を進めてまいります。
 
 
 
四国地方整備局小松島港湾・空港整備事務所より工事の表彰がありました
2020-07-31
 令和2年7月、国土交通省 四国地方整備局 小松島港湾・空港整備事務所長より、弊社が施工した『徳島小松島港沖洲(外)地区防波堤築造工事(その2)』が優良工事表彰を受けました。また、同工事の現場代理人を務めた小野が優秀建設技術者表彰を受けました。
 
 小松島港の沖洲地区は徳島県の海の玄関口として、東京や北九州を結ぶフェリーが就航しています。そのため、フェリーの大型化に対応が可能となる港湾整備がすすめられてきました。小松島港は沖洲地区の他に、本港地区、金磯地区、明石地区等広範囲の港湾で、物流や防災、観光、環境などの面において中長期的な視点で整備が進んでいます。
 
 本工事は、小松島港沖洲地区の防波堤の上部コンクリートを打設するものでした。小松島港を高波、津波から守る重要な港湾施設の施工への真摯な取り組みを評価していただきました。今後も弊社は国土の保全と発展のために尽力していきます。
 
 
 
 
近畿地方整備局舞鶴港湾事務所より工事の表彰がありました
2020-07-30
 令和2年7月、国土交通省 近畿地方整備局 舞鶴港湾事務所長より、弊社の施工した『柴山港柴山地区外防波堤(西)基礎工事』が優良工事としての表彰を受けました。
 
 柴山港は但馬沿岸唯一の避難港として知られています。避難港は、海上が荒れた場合に船舶が安全に避難できる必要があり、柴山港では二重円筒ケーソン式防波堤を採用して、冬の厳しい波浪に耐えられる避難港としての整備が進められています。
 
 本工事は、石(1個が10kg~500kg)を海中に投入して、ケーソンを設置する土台となる基礎を形成するもので、波浪や潮流の影響を受けやすい厳しい環境の下で、工事を無事に完成させることができました。タチバナ工業は、厳しい自然環境の中でも誠実に工事に取り組み、実績を重ねてきました。今回の表彰を励みに、今後も努力していきます。
 
四国地方整備局松山港湾・空港整備事務所より工事位の表彰がありました
2020-07-27
 令和2年7月、国土交通省 四国地方整備局 松山港湾・空港整備事務所長より、弊社の施工した『東予港中央地区航路(-7.5m)浚渫工事(その2)』が優秀貢献工事としての表彰を受けました。
 
 東予港はフェリー貨物の物流拠点としての役割を担ってきましたが、近年のフェリーの大型化、既存岸壁の老朽化に伴う整備事業が進められてきています。本工事は、航路の水深(7.5m)を確保するのための浚渫工事でした。水深7.5mは、1.6万トン級のフェリーの運航に必要な水深で、事業完了後は大型フェリーの就航が期待されます。
 
 今回の表彰は、地元関係者との誠実な協力関係を基盤に、海上安全に十分な配慮をしつつ工事に取り組み、優れた成績を上げた功績によるものです。タチバナ工業では、今後も地元関係者との協力を大切にして、真面目に工事の施工に取り組んでまいります。
 
 
 
永年勤続表彰を受賞しました
2020-05-28
タチバナ工業は、令和2年で創業88年を迎え、建設業を通して社会に貢献してきたことは、社員にとって誇りとなってます。
 
そして、永年にわたって建設業を通して社会に貢献してきた社員がいます。
 
この度、全国建設業協会よりその永年にわたる職務に精励した成果について弊社職員の小島が表彰を受けました。昭和57年の入社以来数々の建設現場を歴任し建設業に貢献してきた成果をが評価されたものです。
 
今後もこのような栄誉ある表彰者がでるよう、働きがいのある魅力ある会社に取り組んでまいります。
 
 
 
 
 
令和2年度の安全に関する表彰について
2020-07-14
タチバナ工業では、
 
『慣れた作業、再度危険予知して今日も1日安全作業』
 
を令和2年度の安全スローガンと定め、一人一人に課せられた役割を確実に遂行し、全社一丸となって安全活動に取り組んでいます。
スローガンはタチバナ工業と協力会社の社員とその家族から応募された標語の中から選ばれます!
 
その成果の表れとして令和2年に受賞した安全関連の表彰を紹介します。
 
5月には、藤本(現岡山営業所長)が職務における30年間の安全衛生管理に対する取り組みが評価を受け、(一社)香川労働基準協会高松支部等より表彰されました。
 
7月には、屋島大橋橋梁修繕工事で現場代理人を務めた山下(香川営業所長)が、安全管理の推進向上について優秀な成績を挙げたことにより、高松市建設業協会から表彰されました。
 
またクレーンの運転業務について、安全作業の確保推進に貢献し職場の規範となったことにより太田、竹内の二名が(一社)日本クレーン協会香川支部の表彰を受けました。
 
弊社は、『安全第一』を徹底して、「災害・事故ゼロ」の目標達成に向けて取組を続けていきます。
 
「緊急事態宣言」解除に対する弊社対応について
2020-05-21
 
5月21日現在、政府から発出されていました緊急事態宣言が地域ごとに解除されていますが、依然として感染者が発生している現状を考慮し、「三密」を避ける感染予防対策が求められています。
 
弊社におきましても、社員及び家族への感染予防だけでなく、各地域での感染拡大を防ぐため「三つの密を避ける」取り組みを続けていく方針です。テレワークにより出社を必要しない勤務形態や時間差通勤、時短勤務の他、休暇取得の推奨により、通勤時や社内での人と人との接触を極力減らした業務体制を継続しております。
 
そのため一部の業務につきましては、電話でのお問い合わせなどの回答にお時間を頂く場合や電子メールでの回答をとらせて頂く場合がございます。また、弊社からのご挨拶や打合せの訪問を自粛させて頂いております。お客様のご来訪につきましても、極力ご遠慮頂きますようお願い申し上げます。
(なお、営業時間は従来どおり午前8時から午後5時までとさせて頂きます)
 
関係各所の皆様におかれましては、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げますとともに、皆様のご健康とご安全を祈念しております。
 
功績賞(建災防)と若年優良建設従事者表彰(香川県建設業協会)の受賞
2019-12-13
 令和元年12月12日に、建設労働安全表彰式及び優良建設従事者表彰式がリーガホテルゼスト高松にて行われました。
 
 この表彰は、建設業労働災害防止協会(建災防)及び香川県建設業協会より、現場の第一線で活躍している従業員の中から、特に優秀な人たちの労をねぎらい表彰するということで、本年は弊社からは2名が受賞いたしました。

 ひとりは、建設業労働災害防止協会(建災防)より「功績賞」を受賞した機材センター所属の冨田です。多くの有用な資格を取得し、現場の中心的な役割を継続してきたことが受賞につながりました。金色のプレートの表彰状が、ビロードの重厚なケースに収められています。

 もうひとりは、香川県建設業協会より「若年優良建設従事者」として表彰された同センター所属の足立です。重機操作による土工や、船舶操縦による海上作業など、陸海を問わない活躍が受賞につながりました。

 両氏のさらなる活躍に注目です。
 
 
社会貢献活動を更新しました
2019-12-09
 
令和元年度優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)の受賞
2019-10-11
 国土交通省では、建設産業の第一線で「ものづくり」に携わる方々に誇りと意欲をもつとともに、社会的評価の向上を図ることを目的として、特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をしている建設技能者を対象として毎年「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を実施されてきました。
 本年は、弊社の福原良太がこの建設マスターの一人として受賞いたしました。福原は入社以来、弊社のグラブ浚渫船に乗船し、甲板員からクレーンのオペレータ、船長とキャリアを重ね、国内外の数多くの浚渫工事に携わってきました。現在は讃岐号の船団長として浚渫工事に関わるとともに、後進の指導・育成にも努めています。
 また、弊社では平成28年度に受賞した竹内豊弘に続いて二人目の建設マスター受賞となりました。二人の建設マスターの高い技能・技術力による浚渫工事をはじめとし、今後の社会資本整備にタチバナ工業は貢献してまいります。
1
<<タチバナ工業株式会社>> 〒760-0064 香川県高松市朝日新町32番45号 TEL:087-851-6848 FAX:087-851-2547